圧縮されたストリーミング形式(例えばMP3)と比較すれば、光ディスクは、本格オーディオ音質をキャプチャする。

hi-res-vs-mp3-JP

1980年代に始めてリリースされたCDは、音の革命を引き起こしました。これほど一貫性のある澄んだ音声はかつてなかったので、音楽CDはすぐに成功しました。リスナーは所属していたレコードとテープをCDに交換し、CDでしか得られないロスレス音楽品質を鑑賞するためでした。まさに前例のない音楽新発展になりました。

ほぼ20年後、音楽に再び革命が起こりました。その革命は音楽ダウンロード/配信です。多数のユーザーは収入の低い若者であり、1曲か2曲しか聴きたくないために、アルバムを買わなければいけないことに拒否しました。Napsterのようなファイル共有サイトを通じて音楽を無料に聴けるようになりました。最終的に、多くの「無料」共有サイトが裁判所に禁止され、音楽業界も自身の権利を主張するために戦いました。これにより、AppleはiTunesの有料型ダウンロード音楽配信サービスの開始に伴い、人々が必要な曲だけを妥当と思われる価格で購入しました。当時はダイヤルアップに対応したインターネット接続していた時代だが、大容量.WAVファイルをMP3のような小容量形式に圧縮された音質はそれほどよくないが、受け入れられたそうです。

.WAVファイルは従来のMP3ファイルよりも90%大きいため、「MP3」プレーヤーに収まる曲の総数が制限されます。 MP3登場により、音楽愛好ユーザーがリアル音楽体験ができなくなりました。それで、オーディオマニアがレコード盤、カセットテープ、CDなど古い録音方法を復活させ、音楽の精粋を聞けるためです。ますます多くの人々が元の音質で本格オーディオ録音を体験するにつれて、.WAC、flacのようなロスレスオーディオ形式を要求するようになります。これらの大容量ファイルは、従来の「MP3」プレーヤーと互換性がないことが多い、しかも、ユーザーの携帯電話やタブレットの容量を占めすぎるため、音楽CDを所有して聴くことが再び復活しました。

音質が気になり、いい音楽を鑑賞したいなら、是非ロスレス音源をCDに収録してみてください。

Vinpower製True Audio機能付きDVD/ CDデュプリケーターを使用すると、ロスレス音楽CDにコピーが可能。

audio_JP

1980年代初頭にCDが発表された時、世界を席巻しました。レコードやカセットをサイドBに反転しなくてもアルバム全体がオリジナル音質を鑑賞することが初めて出来ました。当時のCD-Rは記録不可でしたが、やっと記録可能なCD-Rが90年代に誕生しました。その頃の記録可能なCD-Rは非常に高価でスピードが遅いでしたが、なりゆきで価格が下がり、使用量が増え、対応可能なドライブが普及に伴い、CDデュプリケータが登場し始めました。

CDデュプリケーターの問題点は、ECCがないCD-Rでは、書き込み後のコンテンツをパリティチェックができないため、オーディオCDのデータを100%コピーできないということがずっと存在しています。現在、Vinpower独自開発のAudioCD-R用史上初のリアルコピーとコンペア機能付きTrueAudioデュプリケーターを発売致します。このオプション機能を選ぶと、オーディオCDマスターを正確にコピーされるようになります。

CDのコピー、特にオーディオCDは、多くの地域で依然として盛んでいて、より信頼性の高いCDデュプリケーターが確かに必要です。全体的なメディア消費量は減少していても、そのマーケットが消えるわけにはいけません。実際、コピー代行業者も気付いてるでしょう、コピーが実行可能なソリューションと考えていない顧客を引き付けるため、CDデュプリケーターは経営戦略の武器として扱ったらよいでしょう。

もちろん、CDデュプリケーターはDVDコピーができますが、オーディオCDのコピーとコンペア機能は一押しの利点です。オーディオCDのコピー信頼性を追求するなら、Vinpower担当までお気軽にお問い合わせください。

アナログレコード盤が80年代以降初めてCD売上げを上回ることは、パッケージ市場の健在の証です。

significant-CD-sales-JP_20.09.25

標題ではCD売上にマイナスの影響を及ぼすと感じされるが、よく考えて見れば、反っていいチャンスになると思います。市場規模が縮小であっても、今年の上半期、CDの売上は約1億3000万ドルだった。これはCD-Rを含まない、プレスCDのみの集計でした。依然として、CDの書き込みは多くの独立系アーティストやオーディオマニアに重視されます。CDの売上枚数はピークから落ちるのは事実ですが、決してモーリシャスドードーの絶滅のような道に辿ってる訳ではありません。

かつて、アナログ盤市場はCDに食い込まれる見込みの記事が広く報道されたことがあります。懐古趣味の枠はレコード盤の復活の要因となり、アナログ盤の売上は毎年伸ばし続けます。アナログ盤の成功とCDの継続な成長は、物理的な音楽供給媒体は依然として健在であることを示しています。過去の人気アルバムのアナログ復刻も相次ぐに違いない、非圧縮のオリジナル音楽による完璧な音質を求めるのは王道です。
CD時代が終わったと告げた予言者らは、アナログ盤の復活に非難されたが、今から巻き起こる二度目のブームが、見逃してはいけない。

 

ブログのバックナンバーをご覧になるには下記のリンクをクリックしてください。

https://blog-japan.vinpowerdigital.com/

Vinpowerはメディア通販出荷用特製ボックスを用意いたします。

Disc-packaging-safely-JP_20.06.12新型コロナウイルスパンデミック時期に一部の小売店が営業していても、オンラインショップでお買物をする消費者は多数を占める。スピンドルケースのような割れやすい商品を保護するパッキング素材を真剣に考えなければいけません。安い素材を使うと商品にダメージを受け、返品などクレームが生じる恐れがあります。頑丈な梱包素材なら保護性がよいけどコストが高くなる。搬送過程において商品の良好状態の確保、競争力のある価格、どうやって両立すればよいか、さぞ難しい課題でしょう。

ここで、Vinpowerはご提案を申し上げます。通販で高品質AグレードOPTODISCメディアをご購入頂ければ、特製個別ボックス付きで出荷致します。ハイエンドメディアが手に入った上で、商品損壊による返品など苦情が寄せられません。Vinpowerは驚く価格でこのサービスを提供致します。ラインナップとパッキング提案にご興味がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

光メディアはデジタルコンテンツのバックアップと保存に経済的で保全な選択肢の一つである。

Disc-safe-keep-JP_20.05.29

数百万、数十億もの人が新型コロナウイルス感染症の対処にあたって、家に閉じ込まれ、パソコンや携帯電話などに時間をつぶす人は少なくはないでしょう。休日や在宅勤務をする際に、外出自粛生活のストレス解消を求めるために、頻繁にSNSやオンラインゲームにはまり、気づいたら画像、ビデオ、書類、音楽、映画など大量のデータでパソコンと携帯電話の容量を占めてしまいました。

新規大容量ハードドライブ購入の代わりに、古いデータやコールドデータを光ディスクに保存する方が安価且つ安心な保管方式です。

市販ディスクの最大容量が128GBになり、10枚を使用すると1TB以上のデータが保存可能というメリットがあります。更に、ディスクから簡単に読み出し、良好な収納場所では数十年、百年も長期保管ができます。

貴重な思い出の写真、赤ちゃんの成長記録や、家族旅行写真など、整理したりすばらしい光景を味わったり自宅で楽しくしてみましょう。子々孫々に伝えられ、やりがいのある、気楽に完成できることです。家族のみんなにあなたのコロナウイルスのヘアスタイルをあざ笑われながら、自分も娯楽できる至福の時間を楽しみます。

 

OPTODISC CD-Rは音楽コンテンツ記録再生の味方です!

05.22

音質重視のオーディオCDは依然、世界各国オーディオマニアに愛される。

CD音質と圧縮音質を聴き比べたら、WAVファイルは音質がかなり劣化、音の違いはよく分かります。

Vinpowerに属するOPTODISC CD-Rのような高品質CD-Rを使用し、音楽データを保存する方法は、高音質音楽CDを堪能できるためのポイントです。

安価市販品と違い、OPTODISC CD-Rはハイレベル記録と再生品質、良好な収納場所での長期保管などの特長があります。

CD-Rは音楽、動画、写真、レントゲン写真、文書など汎用データファイルに使われるとともに、保存にかかる費用が安い記憶媒体です。

随時に記録再生するCD-Rは、多数の人々にとって日常生活に欠かせないものです。

ブランクメディア、特にCD-Rを購入したいと思う時、記録再生の高い信頼性を確保するOPTODISC CD-Rはきっとあなたのベストチョイスです!