ほとんどのポータブル電子デバイスは、SDメモリーカードかMicroSDカードが必要とする。Vinpower製SDデュプリケータは、あらゆるコンテンツを正確にコピーできる。

mSD_JP

セキュアデジタルカード(SDメモリーカードおよびMicroSDカードとしてよく知られている)は、ユニバーサルメモリとして、小型ポータブル電子デバイスに幅広く利用されている。SDまたはMicroSDカードは、携帯電話、タブレット、テレビ、デジタルカメラ、ゲーム機、ナビゲーションなどのコンパクト且つ安定する記憶装置を必要とするデバイスに使用されている。高耐久性材料での構成によって、大半の疲労劣化を防ぐことができるのはSDカードとMicroSDカードが大規模に利用される理由である。不揮発性記憶装置なので、データの安定性が保つ、定期更新が不要、電源を供給しなくても記憶を保持するメリットがあるため、ポータブルデバイスや、自動車、飛行機、ボートなどの不安定要素や環境を満たす設備のコンポーネントでの利用が最適です。

SDカードとMicroSDカードの利用価値は理解していますが、このメルマガのポイントは何でしょうか?要するに、光ディスクのコピーとは異なり、SDカードとMicroSDカードの情報転送はパソコンかスタンドアロンSD / MicroSDデュプリケータでしか利用できません。カメラや携帯電話には、所有者が写真、ビデオ、音楽、映画などでいっぱい保存するために空のSD / MicroSDカードが必要とする場合がありますが、多数のデバイスに取り付けるSD / MicroSDカードにコンテンツを事前に保存される場合もあります。これらの製品メーカーは、数百、数千、さらには数百万枚に同一のコンテンツを時短かつ簡単に転送するソリューションを提案させて頂きます。

Vinpowerは、1対3から1対127まで多様なSDデュプリケータを備え、SDカードとMicroSDカードに対応するスロットが搭載されております。MicroSD専用スロット搭載によって、アダプターは不要のため、時間と費用が省くことができます。自動車メーカーをはじめ、ライセンシングコンテンツを持つ玩具メーカーまで、Vinpowerはさまざまな業界に販売している実績があり、SDカードとMicroSDカードのコピー作業を支えております。弊社顧客の共通点と言えば、同じコンテンツの数十万枚SDかMicroSDカードが商品アイテムに使用されることです。

SD /MicroSDカードを複数コピー必要となるプログラムを開発なさるなら、Vinpower製SDデュプリケータは貴社のベストチョイスです!

SSDとHDDの違い

SSD VS HDD_JP

新規ハードディスクドライブを購入する場合、外付けポータブルハードディスクドライブであるか、コンピューターで使用される内蔵ハードドライブであるかにかかわらず、従来のハードディスクドライブ(HDD)またはソリッドステートドライブ(SSD)の2つの選択肢があります。一番安くて最大容量のハードディスクドライブを選ぶのは当たり前のことでしょう。一見して得のようですが、実はSSDの利点はコストや容量の違いをはるかに上回ります。

従来のハードディスクドライブ(HDD)は、磁気ヘッドを先端に搭載するスイングアームを使用して、高速回転するブラッタ上を移動するによって、データの読み出しまたは書き込みを行う機械式デバイスです。ソリッドステートドライブ(SSD)は、フラッシュメモリで構成されています。では、SSDがHDDよりも優れている理由は何でしょうか。 ストレージ、記録および関連機器業界のリーダーとするVINPOWERにとっては簡単です。 SSDにはHDDに比べて多くの利点が挙げられ、価格差を相殺できることがわかりました。まず、SSDは、機械駆動式のHDDとは異なり、非常に静かです。 それに、SSDが振動しないため、信頼性が向上します。両方を落とすと、従来のハードディスクドライブが破損を招く可能性がありますが、SSDは破損しません。 HDDと比較すれば、SSDは消費電力が少なく、熱エネルギーの生成も少なくなります。耐久性向上と割り込み無しのメリットのみならず、最大の利点は読み取り/書き込み速度が速いことです。 SSDは、HDDよりも快速にデータを読み取るだけでなく、信頼性と精度も優れています。

ただし、SSDには一つの弱点があります。それはフラッシュメモリの1ビットがダメージすると、データが損害を招く恐れがあることです。したがって、Vinpowerは、Optiarc SSD生産ラインにより、市場で最も信頼性の高いSSDを供給することができます。ユーザーを安心させるために、Vinpowerは、Optiarc SSDが故障したりダメージしたりしないことを確保するために、業界最高レベルの品質検査を実施します。したがって、より快速、高品質、高信頼性、セーブデータの保全を求めるなら、VinpowerのOptiarc/PioData SSDラインナップはあなたのベストチョイスです!

VinpowerミニローダーVDX-1はコスパ高い、コンパクトタイプの自動デュプリケータです。

miniLoader-VDX1-ant-JP_20.10.9

自分の体重の5,000倍の重さに耐えられるアリのように、ミニローダーVDX-1は、他大型オートローダーに匹敵する、大容量処理可能となります。しかも、VDX-1は12ポンド未満(5キロ台)の重量で、靴の紙箱より少し大きいサイズです。PC不要の完全スタンドアロンなので、コンセントさえがあれば、いつでもどこでも作業を行い、まるで勤しむ働きアリのようです。
VDX-1はターゲットドライブ1台モデル、50枚の一括自動処理が可能で、24/7(24時間x7日間)年中無休に連続コピーができます。小売価格が450ドル以下で、安価且つ手軽にご利用いただけるオートローダーです。

 

商品に関するより詳しい情報や仕様をご覧になるには下記のリンクをクリックしてください。

https://www.vinpowerdigital.com/t/categories/Disc-Autoloaders/The-MiniLoader-VDX-1

 

ブログのバックナンバーをご覧になるには下記のリンクをクリックしてください。

https://blog-japan.vinpowerdigital.com/

Vinpower製RIPステーションCrounsシステムが活躍中!数百枚CDリッピングがあっという間に!

True-Audio-Cronus-rip-JP_20.09.18

あるユーザーは、所蔵していた五万枚余りのCDをVinpower製RIPステーションCronusシステムでいかに簡単且つ活用にッピングすることを動画で展示されました。付属RIPソフトを使用すると、CDのオリジナル情報を外部デバイスに完全転送することが出来るとともに、CDマスターを通じ、音楽ライブラリを作成し、音楽が随時に鑑賞可能ということは、正に一石二鳥です。更に、音楽ファイルをロスレス音楽フォーマットに保存することによって、収録時の音質が保有し、曲名、アルバムタイトル、歌手/演奏者、ジャンル、日付などの重要な情報も全部保留します。移動式ジュークボックスのように、いつでもどこでも音楽を満喫します。

 

ご興味がおありでしたら、YOUTUBE動画をご覧ください:https://youtu.be/trcbSkwn-YI

 

五万枚のCDが持たないかもしれませんが、コレクションCDがきっと少なくないあなたに、Vinpowerが大型とコンパクト多様なモデルを供給致します。それで簡単に電子ファイルに記録されます。設備投資の予算が設けない場合、Vinpowerはリッピング代行業務が承りますので、どうぞ弊社へにお気軽にお問い合わせください。

Vinpower 製オ-トローダー付デュプリケータは耐久性抜群です。

Autoloaders-JP_20.09.11

Vinpowerが自社開発オ-トローダー付きデュプリケータの初代製品であったTitanシリーズをリリースした当時、いつまで使えるかと見当を付けませんでした。Titanシリーズは丈夫で長持ちする設備だと承知しておりますが、まさかの15年間も経ちました。それは15年間使用し続けるユーザーからの好評と賛辞をしばしば寄せられるからです。当初、保証期間が1年間となりましたが、Titanシリーズの性能が期待をはるかに上回ることが証明されるでしょう。

 

CD/DVD/BD自動コピー専用のロボット搬送機構付きデュプリケーターを購入しようと考慮中であれば、Vinpower製ディスクオ-トローダーがあなたのベストチョイスです!多様なモデルが選べます。コンパクトで少量コピー対応VDX-1やThe Cubeシリーズ、中型でターゲット数2~6台記録ドライブ搭載、ストック枚数200~500枚仕様のAeroシリーズ、ターゲット数4~8台記録ドライブ搭載、最大ストック枚数1000枚仕様のTitan Supremeが揃っております。

長期封じられていたCDを蘇って行こう!

True-Audio-CD-new-lifev-JP_20.08.21

私の場合、長い間放置したまま、鑑賞しない音楽CDがたくさん持っています。それらのCDは11年前から暮らし始めている家の車庫に寝かせてあります。音楽ストリーミングサービスが普及している今では、人々が以前のような音楽鑑賞方式と異なります。棚に置いてある大量のCDから大好きだった曲やアルバムを取り出せる時間や機会がありませんが、どうすれば良いでしょうか?音楽に情熱が持つ私にとっては、それらのCDは自ら人生のサウンドトラックのような存在で、ゴミとして捨てられません。

 

そのわけで、所有するCDすべてのコンテンツを大容量USBフラッシュメモリーにリッピングしておいて、デジタルファイルが随時使用可能です。RipboxかCronusディスクオートローダーを使用する場合では、手でCDを設備に載せ、設定完了するだけで、側にいなくてもCDの自動コピー作業が始まる。戻ってきたら、全てのCDオリジナル情報(アルバムタイトル、歌手/演奏者名前、曲名など)がすでにハードディスクに保存されてあります。

 

現在、同じフォルダにCD音楽が保存されてあるので、アーティスト、音楽ジャンル、アルバムで曲を検索し、簡単に個人プレイリストを作成することができます。例え80年代名曲プレイリスト、ビリージョエルのヒット曲リスト、又はフィットネスで使えるBPMの完璧リストなどを作成したいても、単に保存されている同一のフォルダを利用すれば済みます。もっとも良いのはプレイリスト随時編集という特長によってこそ、いつでもどこでも好きな音楽を。

高音質を楽しみたいなら、MP3に変換された音楽CDを再度.WAV又はFLACファイルに変換することをお勧め!

True-Audio-upgrade-music-JP_20.07.31

CDからパソコンに音楽をリッピングする技術が導入されてから約20年。皆様と同じように、私は数年前からiTunesを利用して所蔵しているCDをiTunesライブラリに転送しています。完全保存するために極端に容量圧縮するのは、iTunesなど多くのリッピングソフトの一番大きな問題です。このような圧縮方法はあまり容量占有せずにハードディスクに保存することができますが、同時に音質も圧縮されてしまう。圧縮された音楽はもちろ聴けますが、非圧縮オリジナルと比較すれば、オリジナルのほうが良い音質表現と分かるはずです。

ハードディスクは、現在では大容量かつ低価格化が進んでいます。手頃な価格でTB容量ハードディスクが入手でき、所蔵している音楽CDをロスレス音楽形式.WAV又はFLACに変換できるようになり、歌手/演奏者が視聴者に体験してもらいたいコンテンツが堪能可能となる。

Vinpowerの低コストRipBox或いは高アウトプットCronusディスクオートローダーを使用すると、音楽CDのリッピングも簡単に操作できます!今すぐミュージックライブラリをアップグレードしてはいかがでしょうか?

Vinpower RipBox又はCronusディスクオートローダーを使用すれば、簡単に完全音楽コピーを行うことができます!

True-Audio-Cronus+RipBox-JP_20.07.24

私のように、棚に沢山のCDを収集していて、ホコリを積まてしまうことがありますか?音楽を鑑賞しないわけではありませんが、CDを聴くのがそんなに便利にならないためです。軽快な動作で自動的に一枚のCDを快速かつ正確にパソコン又はハードディスクにリッピングする方法をご紹介致します。低コストのVinpower RipBox或いは高アウトプットのCronusディスクオートローダーを使用すると、立ち寄って手で一枚一枚CDを入れる必要がなく、設備は自動的にCDコピー作業を完了する。

 

全てのベーシック情報が、例えば歌手/演奏者名前、曲名、アルバムタイトルなど、完全にリッピングする。最も重要なのは、あらゆるフォーマットに保存でき、例えば、よく使われる.mp3またはロスレス音楽形式の.flac、.wavなど、非圧縮オリジナル音楽をそのまま保存できます。

 

昔、CDをiTunesのようなソフトウェアにリッピングされましたが、極めて圧縮されたせいで、歌手/演奏者/プロデューサーが表現したがった音質を失ってしまうことになりました。現在、全てのCDを手頃な価格で簡単に高音質のロスレス音楽フォーマット(.flac/.wav)にリッピングし、非圧縮リアル音質が味わえ、是非お試しください!

VinpowerのVDX-1とRipboxの新機能について来週発表致します。是非お楽しみに!

2020-stuned-JP_20.07.17

現在、新型コロナウイルスの影響で、退屈な生活が毎日送っています。普段放送しているテレビ連続ドラマも視聴者の利便性向上のお陰で、1週間を待たずにクリフハンガーされなくて、物語の結末も見られるようになります。来週に新機能リリースの予告によって、少しでもサプライズと喜びを与えれば幸いと思います。

 

同時に、Vinpowerは多様なデュプリゲータおよびデータストレージハードウエアと光ディスクを取り扱っております。何かご不明な点やご質問がございましたら、いつでも承りますので、どうぞお気軽にご一報ください。

Vinpower USBデュプリケータはUSB3.0並みに対応可能

USB-speed-JP_20.07.10

多くの人がUSB3.0をコピーするためにUSB3.0デュプリケーターを使わなければならないという勘違いしています。しかし、実際にはUSB3.0の書き込み実効速度はメーカーの理論値よりはるかに低い。Vinpower Digitalが取り扱っているUSB SharkまたはUSB DupeBoxデュプリケータはUSB3.0真実の書き込み速度でコピーできるので、三倍の値段でわざとUSB3.0スロット付きデュプリケータを購入する必要がありません。ちょっとこじつけのようなお話だが、その理由をご説明致します。

 

キーポイントはUSB3.0自体の実際の書き込み/読み取り速度にあります。シーケンシャルアクセスについては、以下の示す標準速度をご参照ください。

USB 2.0

  • シーケンシャルライト= 3〜10 MB / s
  • シーケンシャルリード= 10〜25 MB / s

USB3.0

  • シーケンシャルライト= 10〜45 MB / s
  • シーケンシャルリード= 60〜150 MB / s

 

まず、これらの数値は、実際の書き込み/読み取り速度を反映する訳ではありません。主な原因としてはUSB3.0自体が端から順に書き込む/読み取るのではありません。

実際にはUSB2.0またはUSB3.0がフラッシュメモリへはランダムに書き込み/読み取りするので、大きな負荷を与えないように特定のメモリビットで書き込み/読み取りを繰り返さないで作業しています。メモリビットを分散に使用できるために、USBフラッシュのコントローラーはランダムに選択する使用可能なメモリビットに資料を保存します。通常、多くのユーザーは数個大きなファイルの代わりに、数多くの小さなファイル保存する習慣にあたって、ランダムに書き込む速度は大幅に遅れ、10~20MB/Sが合理的なのです。

 

Vinpower USBデュプリケータにUSB2.0スロットを取り付け、最大速度は480Mbps(60MB / S)までサポートできます。USB Shark 或いはUSB DupeBoxデュプリケータの場合は以下の通りです。

  • 最大の読み取り速度33MB/S≈2GB/毎分
  • 最大の書き込み速度31MB/S≈2GB/毎分

 

したがって、Vinpower USBデュプリケータの最大転送速度並びにUSB3.0実際の最大速度(10〜20MB / S)から見ると、明らかにVinpower USBデュプリケータがUSB3.0と同様な読み取り/書き込みスピードに処理でき、遅れたり、性能を低下したりすることがありません。高価なUSB3.0デュプリケータを購入するかどうかと悩んてるあなたに、お金を省くVinpower Digital USB SharkやUSB Dupe Boxデュプリケータはお勧めです!